表彰規定

日本野外教育学会賞表彰規定

 

第1条(目的)

日本野外教育学会及びその機関誌である「野外教育研究」のさらなる発展を目的とし、日本野外教育学会賞に優秀論文賞と奨励賞を設ける。

 

第2条(優秀論文賞)

優秀論文賞は、本会会員であって、「野外教育研究」に特に優れた学術成果を公表し、かつ今後一層の発展が期待される研究者に対し授与されるものである。共同研究の場合、研究代表者以外にもこれを授与する。

 

第3条(奨励賞)

奨励賞は、優秀論文賞に準じるもので、35歳未満の若手研究者(論文を受理した日の年齢)に対し授与されるものである。共同研究の場合、研究代表者に限りこれを授与する。

 

第4条(表彰年および選考対象となる業績)

優秀論文賞及び奨励賞の表彰は、原則として3年に1回実施する。選考対象となる業績は、表彰の当年を含まない過去3年以内に「野外教育研究」に掲載された論文(総説論文、原著論文)とする。

 

第5条(受賞候補の選考および表彰委員会)

理事会の下に表彰委員会を設置し、優秀論文賞及び奨励賞の受賞候補を選考する任にあたる。表彰委員会における、受賞候補の選考方法及び選考基準は、別に定める「日本野外教育学会賞表彰規定細則」に従うものとする。

 

第6条(表彰委員会の組織・委嘱・任期)

表彰委員会は、委員長1名と委員5名程度により組織される。委員長及び委員の委嘱・任期は、次の通りとする。

1、委員長は、理事長が会員の中から適任者を推薦し、理事会の承認を得た上で、これを委嘱する。

2、委員は、委員長が適任者を推薦し、理事長の承認を得た上で、これを委嘱する。

3、委員長及び委員の任期は、それぞれの委嘱の日から表彰予定年の総会の日までとする。

 

第7条(受賞者の決定)

受賞者の決定には、表彰委員会の審議結果(最終判定)について、理事会の承認を得ることを要する。

 

第8条(表彰方法)

表彰式は、定期総会において行う。受賞者には、会長名による賞状及び理事会で定めた副賞を授与するものとする。

 

 

付則 1.本規定は、2005年2月19日より施行する。

2013年6月22日 改正

 

日本野外教育学会賞表彰規定細則

 

1、本細則は、日本野外教育学会賞表彰規定第5条に基づき、優秀論文賞と奨励賞の受賞候補の選考方法及び選考基準を定めるものである。

 

2、受賞候補の選考は、第一次選考、第二次選考、及び最終選考からなる。

 

3、いずれの選考も、委員の3分の2以上の参加によって成立する。

 

4、第一次選考は、①各委員が選考対象論文の中から優秀論文賞と奨励賞の各々について、5編を限度に理由を付して推薦し、②その中で、複数の委員から推薦があった論文を第一次選考論文とする。

 

5、第二次選考は、①一次選考論文について、各委員が相対評価(順位付け)を行い、それをもとに総合順位をつける。②総合順位が上位の論文について、各委員が絶対評価を行う。③各委員による絶対評価の平均が、高得点であり、かつ最終選考するに値すると判定された論文を第二次選考論文とする。

なお、各賞の第二次選考論文数は一を原則とするが、対象論文の内容に応じて、複数もしくは零も可とする。

 

6、最終選考は、最終選考委員5名により行う。最終選考委員は、委員長推薦にもとづき理事長が新たに(一次・二次の選考委員とは別に)委嘱するものとし、学会員以外への委嘱もこれを妨げない。

 

7、最終選考における評価及び最終判定は、次の通り行うものとする。

 

○各委員による評価の観点

・野外教育(研究)への貢献度

・野外教育(実践)への貢献度

・論文としての完成度

・オリジナリティ、独創性

 

○各委員による2段階評価の実施

A:受賞候補として可

B:受賞候補として不可

 

○最終判定

「各委員による2段階評価」を集計し、過半数を得た評価を表彰委員会の最終判定とする。

 

付則 1.本規定は、2005年3月18日より施行する。

2008年11月29日 改正

2013年  6月22日 改正