日本野外教育学会 > 個人情報保護方針
個人情報保護方針

個人情報保護方針

 高度情報通信社会の急激な進展により、情報が大量かつ迅速に処理される時代となり、個人情報の保護がプライバシー等個人の権利利益を守るために社会的に重要な課題となっています。
 日本野外教育学会(以下、本学会)には、会員個人および学会の研究・教育・社会的活動、運営に関わる関連団体等の個人情報が集積しています。これらの個人情報を正しく扱うことは、研究機関としての本学会の責務であると認識し、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、自主的なルール及び体制を確立し、以下の個人情報保護方針のもとに、個人情報の保護に努めることを宣言します。
 
(基本方針)
 本学会の活動に関わるすべての従事者は、個人情報の保護に関する法令及び日本野外教育学会個人情報保護規定、その他の規範を遵守し、個人情報を適正かつ安全に取り扱うとともに、常に取扱の改善に努めることにより、個人の権利利益を保護して、社会の信頼に応えます。
 
(活動方針)
第1.個人情報の取得
 本学会が個人情報を取得する際には、利用目的を明確化するように努力し、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。
第2.個人情報の利用
 本学会が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、具体的な業務に応じ権限を与えられた者のみが、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。また、個人情報を第三者との間で共同利用し、または個人情報の取扱を第三者に委託する場合には、共同利用の相手方及び第三者との間で個人情報の取扱に関する契約の締結を行い、適正な利用を実現するために必要な監督を行います。
第3.個人情報の第三者提供
 本学会は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
第4.個人情報の管理
 本学会は、個人情報への不正なアクセス、個人情報の紛失、改ざん及び漏えい等を防止するため、必要かつ適正な情報セキュリティ対策を実現します。
第5.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去
 本学会は、保有する個人情報について、情報当事者である個人からの開示、訂正、削除、利用停止、消去の依頼がある場合には、個人相談窓口を設置して、法令に従って速やかに対応します。
第6.組織・体制
 本学会は、個人情報保護委員会と個人情報保護管理者を置き、適正な個人情報の運用管理体制の下で、業務に取り組みます。
第7.教育及び研修
 本学会は、学会の活動に従事するすべての者にこれらの個人情報保護方針及び活動方針を周知徹底させるため、必要な教育、研修を行います。